自城自作023 下屋工事 その1

今月から 自城自作は 下屋工事 に入ります。
まずは 梁の刻みから、久しぶりに 角ノミを 動かします。

a0336693_22260948.jpg

こちらは すでに刻んであった 桁の表面仕上げ
6m荒材だったので 5㎜ぐらい削って 4mプレナー材と 105㎜幅を揃える必要があります。

a0336693_22273329.jpg

切削幅110㎜ の 電気カンナ マキタ 1911BSP、刃を 研磨式の新品に交換しました。

a0336693_22343092.jpg

刃高は 0.5㎜で 丁寧に実施、切れ味よく スムーズに完了
研磨式の刃は 剛性が高く 節にあたっても 負けることがなく 力強い印象でした。

a0336693_22272046.jpg

このころから、手カンナの取り扱いも 上達していきます。
これは 束の表面仕上げ、手カンナで 仕上げました。

a0336693_22582042.jpg

こんな感じで シュルシュルと 削り屑が 出るようになりました。

a0336693_22584443.jpg
a0336693_22585574.jpg

満足できる仕上り

a0336693_22592095.jpg

手カンナ(台鉋)の切れ味は 刃研ぎ のほか 台の調整も 重要な要素 とのこと
特に新品でも 台の調整(下端調整)は 必要で、手軽に調整する方法を調べて 辿り着いたのが
これ、常三郎 したば君L型

a0336693_22593104.jpg

この勢いに乗って、柱も 手カンナ仕上げで いい感じ
こうして 下屋の棟上げ 準備が 整いました。

a0336693_23000752.jpg

下屋の棟上げ 状況です。
まずは 梁を 主屋の柱に差し込みます。
端部に当て木をあてて カケヤで 打ち込む

a0336693_23005992.jpg
a0336693_23011416.jpg

ここまで 入れば OK

a0336693_23015269.jpg

次に 沓石に柱を立てて 現物合わせで 高さを決める

a0336693_23100146.jpg
a0336693_23111522.jpg

水平を確認して 切断幅を墨付け

a0336693_23113617.jpg
a0336693_23114751.jpg

切断幅を 底部に写して カットし、梁に 差し込みます。

a0336693_23115741.jpg
a0336693_23122220.jpg

4本の 梁と柱、組み上げ 完了です。

a0336693_23143753.jpg

端部は 4本とも 割れが入りました。
ホゾの寸法が ピッタリでも カケヤで叩く過程で 割れてしまいます。
しかし、5分深さの相欠き加工で 梁の上に 桁が納まるので 割れの進行は抑えられます。
折置き組の構造に 先人の知恵を 感じます。

a0336693_23141779.jpg
a0336693_23361594.jpg

束を立てて、込栓を打つ

a0336693_23151742.jpg
a0336693_23153264.jpg

やり直しを 避けるため、1寸の ホゾ幅は 正確に刻みます。
1㎜ でも 太いと とても 入りません。

a0336693_23363115.jpg

次は 桁の組み上げ です。

a0336693_23364315.jpg
a0336693_23464836.jpg

先ほど 説明した 梁と桁の 相欠き部分 の 納まり

a0336693_23463598.jpg
a0336693_23460374.jpg

桁の 継ぎ手部分、6寸の腰掛け目違い鎌継ぎ

a0336693_00161244.jpg

次は 母屋を 組み上げます。

a0336693_23471599.jpg

無事に完了、次は 柱と沓石の固定です。
下げ振りで 垂直を確認

a0336693_23472546.jpg

ステンレス 六角コーチスクリューボルト 9×75㎜ 1本 と
ステンレス トラスタッピングネジ 5×40㎜ 4本 で 固定します。

a0336693_23481656.jpg

トラスタッピングネジは 下穴をあけてから 手回しで 固定
インパクトドライバーを使い ネジ山がつぶれることを 避けました。

a0336693_23480529.jpg
a0336693_23494700.jpg

コーチスクリューボルトは Φ6㎜の下穴を 段階的にあけてから
インパクトドライバー で 固定

a0336693_23512652.jpg
a0336693_23514103.jpg

ここで 小さなトラブルの ご紹介
桁の反りに引っ張られて 柱が浮いてしまいました。
さて、どうするか

a0336693_23514642.jpg

荷締機を使って 引っ張ります。

a0336693_23520012.jpg
a0336693_23521299.jpg
a0336693_23522483.jpg

水平を確認し、OK
無事、固定完了

a0336693_23523461.jpg

最後に 羽子板を 設置して 下屋の棟上げ 完了 です。

a0336693_23525225.jpg
a0336693_23530484.jpg

今回は ここまで、2月は 寒くて 日も短く 日数も少ない
そのためか ひと月の あっという間が 強まる、そんな感覚を 持っています。
確定申告やら 車検やら なんやらで ドタバタでしたが、なんとか 月末紹介 継続できました。
来月末は 下屋工事の続きを 紹介します。
どうぞ お楽しみに!



<次の 記事>
自城自作024 下屋工事 その2
<前の 記事>
自城自作022 柱の追加
<最初 記事>
自城自作001 ブログスタート








[PR]
by soken-t | 2018-02-28 20:59 | 自城自作 | Comments(0)