自城自作022 柱の追加

さあ、2カ月ぶりの自城自作、今回は 柱の追加工事を 紹介します。
計画していた サッシの幅を 9尺から 6尺に 見直しました。
・9尺のサッシ枠 シャッター付きだと 50kg弱、一人施工は ちょっと厳しい
・居間と寝室に計画する テラスサイズは 髙さ2030㎜、工事詳細検討で 下屋の梁と 干渉することが判明
・実用的に 断熱性が低下する や 室内が見え過ぎる といった デメリットを考慮
そんなところが 理由 です。

棟上げが終わり、筋交いも入れて 骨組みは しっかり出来上がっています。
追加する柱に ホゾの凸を刻み 梁を持ち上げて 挿入するのは ちょっと無理です。
で、作ったのが このピース
居間、寝室、キッチンに 計5本の柱を 追加します。
手前の 5つの同じ形のピースは 桁に刻んだ 間柱の穴に はめるピース
奥の大きい3つは 土台に ホゾ穴が 開いているところに はめるピース
残り2つは これから 土台に 穴をあけます。

a0336693_21483692.jpg

間柱の穴に はめたところ です。

a0336693_21502820.jpg

こちらは 土台のホゾ穴に はめたところ

a0336693_21494322.jpg

少し隙間があるので くさび作り ガタツキを 防止します。

a0336693_21500367.jpg

柱の方は ピースの凸部が ピタッとはまるような 凹部を刻みます。
こちらが 上端で

a0336693_21490706.jpg

こちらが 下端

a0336693_21492525.jpg

キッチンに追加する1本 の 取り付け状況 です。
こんな感じで 真横から 滑り込ませる
サッシを取り付ける方から はめ込んで固定すれば
外れる方に サッシが入るので 抜けることは ないでしょう。

a0336693_21504843.jpg

イメージ通り、上手くいきました。

a0336693_21510805.jpg

上端のはめ合い具合

a0336693_21520893.jpg

こちらは 下端部、いい感じ
キッチンの1本 追加完了

a0336693_21512876.jpg

追加する柱は 表面を 電気カンナで 薄く削り 仕上げます。
となりの材と比較してください。
材を購入してから、もう 一年半ぐらい経過しています。
その間 馬の上で 雨ざらしの天日干し
その結果 無垢の表面は いわゆる シルバーグレーに 変化しています。
コンマ 数㎜ 薄く削れば キレイな地肌が 表れます。

a0336693_21522806.jpg

但し、電気カンナだと どうしても刃の回転跡が 表面に残ります。
指でなぞると 凸凹感 わかります。
この頃は まだ 手カンナの扱いが いまひとつ なので、表面の仕上げは 電気カンナに 頼っています。
これくらいで 良し としました。

a0336693_21531431.jpg

寝室2本の追加状況

a0336693_21533393.jpg

寝室の2本 追加完了

a0336693_21551071.jpg

居間の2本 追加完了

a0336693_21542636.jpg

こうして 予定した 柱の追加が 完了しました。

a0336693_22001322.jpg

今回は ピースの形状を決めるまで 色々悩みましたが
形状が決まってからは 難しいところなく イメージ通りに完了しました。
但し、電気カンナの表面仕上げは イマイチなので どうすればいいのか という課題は残っています。

さて、次回のアップは 来月2月末、下屋の工事に 取り掛かります。
結構な ボリュームなので また 数回に分けて 紹介していきます。
どうぞ お楽しみに!

<次の 記事>
自城自作023 下屋工事 その1
<前の 記事>
自城自作021 間柱 と 筋交
<最初 記事>
自城自作001 ブログスタート









[PR]
by soken-t | 2018-01-30 20:28 | 自城自作 | Comments(0)