自然農園002 農園の風景

今日は 私の 「いいもり自然農園」 を紹介します。
農園は 長崎県 諫早市 飯盛町に あります。
飯盛町は 低い山と海岸線 に囲まれた 人口8000人くらいの町です。
人口密度は300人/km2、となりの長崎市 戸石町の人口密度は 5倍です。
近くに便利な町がある ゆっくりしたところ。
ちなみに 東京の人口密度は 20倍、すごいのひと言。

いいもり自然農園は 町を取り囲む山の中腹にあり、
昔は棚田だったところを整備しました。 最近の農園です。
a0336693_13361450.jpg
今は 2月、一年で もっとも生物の活性が 低い時期です。
写真でも その雰囲気が 伝わるかと思います。
でも、近くでみると 作物たちは 春に向けて 着々と準備を進めています。
a0336693_13535666.jpg
空豆です。 種を蒔いたのは 11月末、
寒くても しっかりと発芽し じわじわ成長します。
土の中では 太い根が グングン伸びています。
5月には 大粒の豆が実ります。 今年も楽しみです。
a0336693_13575441.jpg
玉ねぎです。 ピンとして 姿勢が良いでしょう。
寒くても 活き活きしています。
昨年は 種からの芽出しに挑戦し 200株ほど 苗取りできました。
今年は 品種を増やしてみます。
a0336693_21435917.jpg
らっきょうです。 ちょっと わかりづらいですね。
雑草といっしょでも 日陰でも グングン育つ 元気な作物です。
a0336693_21491595.jpg
ニンニクです。 無肥料無農薬でも 毎年、元気に成長します。
この土地に合っているようです。
妻が ニンニクみそ や ニンニク醤油 に 仕上げてくれます。
料理の味が 引き立ちます。

今日は これくらいに しておきましょう。
多品種少量で さまざまなやり方を 試しています。
昨年は 50種類くらい栽培しました。
まだ 一反ちょっと(300坪)の小さな農園ですが、
ほとんどの野菜を自給できました。

「一反あれば 家族の食べ物を 自給できる」
福岡正信さんが 「わら一本の革命」という著作の中で いっています。
無肥料無農薬の 安全安心な 作物。
自分でつくることができたら、面白そうです。
自分の人生を使って 確かめることにしました。

八年たって 本当なんだ と 感じています。
毎年 どんどん 面白くなります。
世界は 広く、深く、そして 面白い。



[PR]
Commented by こび at 2015-02-24 08:49 x
一反って、そんなに大きくない(失礼!)と思うけど、大したもんですなあ。採れる野菜も、うまいんだろうね。
Commented by soken-t at 2015-03-22 08:18
とても 美味しい です。
コクというか 濃いというか
食卓で 調味料を使うことが 少なくなります。
希望のある方には 販売もしていますよぉ
by soken-t | 2015-02-22 11:13 | 自然農園 | Comments(2)